関連会社の皆様へ

電気錠業者様へ

本記事は、当社のシステムと電動シャッターとを連動させるにあたって、ご担当の電気錠ーメーカー様および施工担当業者様に、確認事項、責任区分などについて書かれております。

電気錠をIoT化

以下が「当社のコントローラー」を使って「電気錠」を制御した時のシステム概要図となります。

使い方1)スマホでオフィスの内外から遠隔操作

アプリを使って解錠します。遠隔で解錠ができて、しかも開閉状態が分かるのが特徴です。

スマホで電気錠解錠

使い方2)顔認証やQRコードを使って解錠

顔認証装置やQRコードを使って、「特定の顔」「特定のQRコード」と判断されたら、当社のコントローラーから解錠信号を送ります。

顔認証でドア解錠

当社のコントローラーについて

↓コントローラーには、下記のものが使われます。

リレーコントローラー
管理人
管理人

設置の用途、規模によって利用するコントローラーが変わってきます。
どのコントローラーを利用するかは、当社代理店にお尋ねください。

確認事項

制御方式を教えて下さい

おそらく御社の制御方式は「無電圧瞬時接点」かと思います。
当社のコントローラーは、無電圧瞬時接点の他、「常時接点」「RS-232C」「RS-485」なども出力することができます。

解錠回路数を教えて下さい

当社のコントローラーは、CF Linkという接続バスでどんどん拡張することができます。
その数は、最大189万回路。実質無限と思ってもらって結構です。

当社製品の取り付け

当社製品~

責任区分

当社及び当社代理店は、あくまでも当社のコントローラーの設定、設置が範ちゅうとなります。
以下は当社及び代理店の責任区分外となります。ご了承ください。

  • WiFiを含むインターネット構築
  • 電気錠の工事・取り付け
  • 当社制御盤~各電気錠間の配線

ユニークな使い方

LINE通知やGoogle Sheetsに打刻することが可能です

御社の装置が、解錠の状態に合わせて「無電圧常時接点」を送って頂けたら、以下のようなことが可能です。接点は、「A接点」「B接点」問いません。

↓LINE通知の様子(セコムの電気錠)

↓Google Sheets(Google版エクセル)に打刻することが可能です

タイトルとURLをコピーしました